給与計算と社会保険の情報

給与計算代行・アウトソーシング専門事務所|イースリーパートナーズ社労士事務所給与計算代行・アウトソーシング専門事務所|イースリーパートナーズ社労士事務所
給与計算代行サイト(MENU)
ご連絡いただければ、
随時お見積り等いたします。
また、ご質問・ご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
TEL:072-668-1417
FAX:072-668-1418
メールの方はこちら

給与計算情報

未払い賃金、未払い給与の立替払いの概要、留意点



中小事業主を対象とした未払い賃金の立替払いについての概要と留意点を申し上げます。

【最大の留意点/未払い賃金の立替払い】

読んで名のごとく、立替払いなので立替えということです。
従いまして、国が立て替えた後は当然国に対して返還していくのですが、倒産等を要件としていることから、
返還しなくてよいものと勘違いされている方が多いので留意点としてあげておきます。

未払い賃金の立替払いを受けるための事業主の要件としては、
(1)労災保険に加入しており、1年以上の事業実績があること
(2)事実上の倒産(中小企業以外は法律上の倒産のみ)をしていること
  ※事実上の倒産とは、法律上の倒産(破産手続開始の決定、特別清算開始の命令、再生手続き開始の決定、更生手続き開始の決定)
   と、事業活動停止、事業の再開の見込みなし、賃金支払い能力なし(労働基準監督署の認定)のことをいいます。

労働者の要件としては、
事実上の倒産の認定申請(破産手続き開始等の申立て)の6か月前から2年間に退職していること、
事実上の倒産の認定の日の翌日から2年以内に立替払い請求をすることです。

未払い賃金の立替払いの対象となる賃金とは、退職の日の6か月前から立替払い請求日の前日までの賃金で、賞与は含みません。
※退職金は請求できます。(限度あり)

未払い賃金の立替払いの額は、実際の未払い賃金額の8割で次の額までです。
30歳未満の方・・・88万円
30歳以上45歳未満の方・・・176万円
45歳以上の方・・・296万円







E3社会保険労務士事務所までご相談ください!
筺072-668-1417

メールでのお問い合わせはコチラ