給与計算と社会保険の情報

給与計算代行・アウトソーシング専門事務所|イースリーパートナーズ社労士事務所給与計算代行・アウトソーシング専門事務所|イースリーパートナーズ社労士事務所
給与計算代行サイト(MENU)
ご連絡いただければ、
随時お見積り等いたします。
また、ご質問・ご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。
TEL:072-668-1417
FAX:072-668-1418
メールの方はこちら

給与計算情報

給与支給日の変更


給与計算を行う場合、給与計算の締切日と給与の支給日に余裕がない場合、
特にその間に休日などを含むと大変な事態になります。

そこで、給与締切日を前倒しにするか、給与の支給日を後にずらすかを検討
することになります。
私の個人的見解では、給与の支給日を後にずらす方をとります。
それはただ単に給与計算ソフトの対応が大変だからという理由で、従業員の
事を考えているわけではありません。

それでは、給与の支給日を後にずらすと日によっては、まったく給与が支給
されない月が出てくる可能性があります。
たとえば、もともと20日締めの末払いであったものを、20日締めの翌月10日支払に
変更した場合などです。
これは不利益ではないかと考えられますが、不利益には当たらないと考えます。
最終的には、つじつまは合うので、全額払いの違反にも毎月1回払いの違反にも
当たらないからです。

しかしながら、従業員の方は、給料の支払い日を考慮してローンなどを組んでいる
場合もありますから、何らかの緩和措置をされる方がよりよいと思います。





E3社会保険労務士事務所までご相談ください!
筺072-668-1417

メールでのお問い合わせはコチラ